安心できる歯医者にあるもの

不安感を感じない院内の雰囲気

患者さん目線の環境づくり

治療の際に、周囲の目が気になる治療室では安心でしょうか。もちろん中には他の人がいる方が安心だという方もいるでしょう。しかし、お口の中のようなデリケートな部分を診療してもらうとき、多くの方がなるべくプライバシーに配慮されることを望みます。そして治療の際の椅子やうがいする吐水口周辺も、常に掃除が行き届き、キレイに整っている方が良いものでしょう。
こうした治療を受ける患者さん側の目線を大切に、治療の際の環境づくりを図っている歯医者さんは安心感を与えてくれます。見えるところだけでなく、例えば治療室の床を清潔に保っている、治療に必要な器具を収納する納戸がきちんと閉められているといった細やかな点にも配慮されているのは、衛生面の安心感にもつながります。

スタッフが話しやすい

治療を受ける環境で治療を助ける衛生士や助手。近くにいて患者さんの様子を確認してくれるこうしたスタッフ達が話しやすいというのも安心感を与えてくれます。ちょっと痛みを感じたとき、すぐに声をかけてくれる。表情から辛いのに気づいてくれるといった治療時の介助はもちろん、あかるく笑顔で挨拶してくれるというのも大切です。
これは衛生士や助手だけではありません。歯医者さんの顔ともいえる受付でも同じです。治療を受けるために来院した際に、明るく笑顔で話しかけてくれる。症状について説明した時にしっかりと話を聞いてくるといった姿勢は、その歯医者さんが真摯に患者側を考えてスタッフへの指導も徹底していることの表れともいえます。スタッフの何気ない姿勢1つにも違いを感じるものです。