職場体験を通して将来を考えよう

職場体験を通じて得られることとは?

職場体験のメリットとは?

親が子供に教えられることには限界があります。
社会経験や、働くこととはなにか、といったことは、どうしても自分の目でみて、肌で感じてみなければわからないことです。
そのためにあるのが職場体験なのです。

キャリア教育の目的として、自分で自分の将来を考えられるようにするため、というのがありました。
職場体験を通じて、子供たちは自分を取り巻く身近なものがどのようにできているのか、そこにはどのような工夫や苦労があるのかを知ります。
自分たちが普段何気なく消費している食べ物や道具を大切にできるきっかけになるかもしれません。
また、色んな人の職業が自分たちの生活をどこかで支えあっていることを知ることができます。
この気づきこそが、子供たち自身の社会観を育てるのです。
これが、職場体験で得られる大きなメリットの一つと言えます。

学校選びのポイント

職場体験をする中で、なかなかうまくいかないことや、できないことに直面することがあります。
ときには叱られたりすることもあるかもしれません。
しかし、そういった経験自体がとても貴重なものなのです。
家庭で叱られる経験は少なからずあっても、自分がだれかの下で働いて叱られるという経験をすることは子供の頃にはありません。
社会に出る前にそういった経験ができるのは、職場体験の醍醐味です。

職場体験の体験先の種類が多いことや、そのあとのフィードバックの学習が充実している学校は、キャリア教育に力を入れている学校と言えます。
そういった学校を選ぶことは、子供たちが早期に社会に触れることができるので、自分たちの社会に関心を持たせることができますし、子供たちの可能性を広げることにも繋がります。
大切な我が子の未来のために、学校選びの一つの基準として一度考えてみて下さい。


この記事をシェアする
TOPへ戻る