占い師になるためにはどんな勉強が必要?

これでアナタも占い師?最短でデビューするのは勉強が重要

必要な能力ってどんなもの?

ミステリアスで自分の事を見抜いてくれたり、今度の助言をしてくれたりする占い師ですが、この職業はどのようにして就くのでしょうか?
占い師になるためには3つのルートがあると言われています。それは、アナタが憧れている占い師に弟子入りして一人前になるまで面倒を見てもらうパターンや占い学校や教室へ入校し勉強したり、訓練を積んだりしてデビューする方法、一切人の力を借りずに独学で勉強しデビューする、といった方法です。

以前は弟子入りから占い師になる方が多くいましたが近年では学校、または独学でデビューする方も多くバラエティ豊かな人材が外っています。
ちなみに占い師になるために必要な勉強とは何が挙げられるのでしょうか?正直なところ、占い師に必要なスキルや資格はありません。今アナタが「私は占い師だ。」と言えば誰も否定できません。しかしそれだけで顧客が来るとは思えませんし、経営として成り立ちません。それでも良い、趣味として占っていきたいとおもう方はそれでもよいかもしれませんが、多くの人はこの職業で生計を立てようとおもっています。

ここではその勉強やスキル、能力にスポットを当てて説明していきたいと思います。この業界は単に占いや人を導ける能力があれば良い訳ではなく、コミュニケーションスキルはもちろんの事、独立する場合は経営学の他にあると信頼される資格についても紹介していますので、これから占い師になりたいと考える方は必見の情報です。ちなみに勉強方法についても公開していますので、参考にしてみてください。

どうやって占い師になるの?

「生まれつき霊感がある」「守護霊と話す事ができる」「未来・過去を予知できる」このような能力があれば、すぐに占い師になれるし、勉強なんて必要ない。 それは本当でしょうか?様々な能力があっても、それを活かすためには様々な勉強が必要です。占い師に必要な能力を公開しています。

必要な資格やスキルを紹介

占いが出来るというのは当然ですが、顧客の話を聞いてその上で導くのが占い師の仕事です。そのために必要なスキルや、あると有利になる資格について公開しています。 必ずなければならない訳ではありませんが、顧客の信頼を得るためにも取得しておくと良いですね。

どうして占い師に経営学が必要なの?

組織に雇用してもらっているから経営について知らなくても良い。果たしてそれは本当でしょうか?占い師にも様々な種類がありアルバイトや副業として占い師をやっている場合、店舗を構えて独立している場合と様々です。 経営学も占い師にとっては知っておきたい知識の一つなのです。